なやむ、かんがえる、かりる、わくわく。家を買うとは違う、手軽に環境を変えられる。賃貸の醍醐味とは。

かりる、わくわく、賃貸
かりる、わくわく、賃貸

かりる、わくわく、賃貸

賃貸、それは一人暮らしを始める際、多くの人がお世話になるものだと思います。一口に賃貸と言っても、アパートからマンション、シェアハウスなど、多くの形態がありますね。その全てに共通するのが、なにかわくわくする、という感情だとおもいます。条件を考え、間取りを見て、周囲の環境も考える。その全てに何か作り出すような事と共通したものを感じます。

もちろん、皆がそうだというわけではありません。しかし、お部屋を選んでいる過程から、決まるまで、様々なことを考えます。間取りはどれくらいがいいか、どんな機能がほしいか、譲れない条件はなにか、周囲の環境、お店などはどういったものがいいか、駅近くがいいか、ネット無料がいいか…。そんな条件を見ているだけで、実際住んだ事を考えて、わくわくしてきます。

決まってからも、近くに小さなお店を見つけるとか、仲良しの人ができるとか、近くに可愛いワンちゃんを見つけるとか、環境を帰ることには、すごくさまざまなたのしみがついてきます。賃貸で気軽に家を変えるには、なにかわくわく、が付いてきますね。家を買う、となると一大決心が必要ですが、それに比べお手軽に周囲の環境を帰られる賃貸、とてもいいものだとおもいます。